ママ活やり方・はじめ方3ステップ❤️美熟女と会って稼げるママ活アプリを徹底解説

ママ活のやり方・はじめ方

若い男性の間で注目を集めている「ママ活」

「ママ活に興味があるけれど、やり方がわからない…」

「どうやってママ活を始めたらいいの?」

こんな風に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、ママ活のやり方やおすすめのアプリ・サイト、注意点などを詳しく解説していきます!

ママ活のやり方3ステップ

「ママ活をしたい!」と思っていても、どうやってママ活を始めればいいのかわかりませんよね。
そこでまずは、ママ活のやり方をご紹介します。

  1. ママ活アプリに登録
  2. プロフィールを作成
  3. 丁寧なメッセージ

1.ママ活アプリに登録

まずは、ママ活アプリに登録しましょう。ママ活アプリとは、ママ活をしている女性が集まるサービスのこと。

ママ活が目的の男女も多く登録しているので、他のサービスを利用するよりもママ活相手が見つかりやすいのが特徴です。

ママ活できるアプリは後ほど紹介しますが、いくつかの種類に分かれます。

ママ活アプリ・サイトおすすめランキングプロ男性に取材!ママ活アプリおすすめ14選比較❤️安全・男性無料の専用サイト

2.プロフィールを作成

次に、ママ活アプリに登録したら、プロフィールを作成しましょう

女性は男性のプロフィールから「自分と気が合うか」「会ってみたいか」を判断します。
そのため、プロフィールを適当に書いたり空欄が多い状態では、なかなか女性と出会えなくなってしまうでしょう。

プロフィールを作成するときは女性に良い印象を持ってもらえるよう、明るく笑顔の写真を多めに登録すべき。自己紹介文には「年上の女性が好き」「年上の女性と付き合うことが多い」「年齢は全く気にしません」等と明記して、ママにアピールするのがおすすめです。

3.丁寧なメッセージ

アプリでママとマッチングしたら、丁寧な口調でのメッセージを心がけましょう。

最初のメッセージでいきなりタメ口で話すと、「礼儀がなっていない」と嫌われてしまうことも。女性に「誠実な人だな」と思ってもらえるように、メッセージは必ず敬語口調で送りましょう。

会話の中で砕けた口調になる分にはむしろ好感をもたれる可能性もありますが、あくまで表情やトーンがわからないメッセージは無難にいくのがおすすめです。

ママ活できるアプリ・サイトは2種類

ママ活ができるアプリやサイトは、主に以下の2種類です。

  1. 出会い系アプリ
  2. ママ活専用アプリ

出会い系アプリ

出会い系アプリは認知度が高い分登録している会員数も多く、ママ活目的の女性も大勢利用しています。会員数が多いアプリでは、1,000~3,000万人の累計会員数を誇るアプリも存在します。

年齢層も幅広いので、自分の年代に合わせたママ活女性とマッチできるでしょう。

また、アプリ登録時に無料でもらえるポイントを使えば、課金せずに女性と出会えることが多いのも特徴。基本的には、出会い系アプリを使ってママを探すのがおすすめです。

ママ活専用アプリ

一方、ママ活動アプリは出会い系アプリに比べると認知度が低く、登録している女性の数が少なめです。
運営歴が浅いアプリも多く、サービスの質にもあまり期待はできません。

しかし、まれに好条件の女性が登録していることもあるため、出会い系アプリと併用しながら使うのがおすすめです。

ママ活できる出会い系アプリ・サイト5選

では、具体的にどんなアプリやサイトを使えばママ活ができるのでしょうか。
ここからは、ママ活におすすめの出会い系アプリ・サイトをご紹介していきます。

  1. ワクワクメール
  2. ハッピーメール
  3. Jメール
  4. イククル
  5. デジカフェ

1.ワクワクメール

ワクワクメール
サービス名ワクワクメール
運営元有限会社コロン
運営開始2001年
インターネット異性紹介事業受理番号: 96090001000
会員数1,000万人
ワクワクメールの基本情報

ワクワクメールは、2001年から20年以上運営を行っている、老舗の出会い系サイトです。

大手の出会い系サイトの中で唯一ママ活が公認されているので、ママ活目的の女性が数多く登録しています。
会員数が1,000万人以上、毎日のアクティブユーザーは30万人程度と公表されており、国内でもトップクラスの出会いが期待できます。

1,200円分のポイントが無料でもらえるため、リーズナブルにママ活ができるのも嬉しいポイントです。システムもシンプルでわかりやすく、初めてママ活にチャレンジする方でも使いやすいでしょう。

2.ハッピーメール

ハッピーメール
サービス名ハッピーメール
運営元株式会社アイベック
運営開始2000年8月
インターネット異性紹介事業受理番号:90080003000
会員数3,000万人
ハッピーメールの基本情報

ハッピーメールは会員数が3,000万人と、数ある出会い系サイトの中でも特に規模が大きいのが特徴です。会員数が多いだけあって、都心部だけでなく地方でも圧倒的に出会いやすいのがポイント。

他のアプリではなかなか出会えなかった人も、ハッピーメールであれば十分な数の出会いが期待できるでしょう。

マッチング機能はもちろん、目的に合わせた異性を探せる掲示板機能も充実しており、条件に合う女性を探しやすいのもメリット。
ワクワクメール同様に、サイトに登録すると1,200円分のポイントがもらえるので、課金しなくてもママと出会うことが可能です。

3.Jメール

Jメール
サービス名ミントC!Jメール
運営元有限会社エムアイシー総合企画
運営開始2000年4月
インターネット異性紹介事業第90080006000号
会員数600万人
Jメール基本情報

Jメールも、ママ活相手を探している男性におすすめの出会い系サイトです。

女性の年齢層が30〜50代と他のサイトに比べて高めな上、年下男性との出会いを探している女性が多く登録しているので、ママ候補と効率よく出会えるのが特徴です。

Jメールでママ活相手を探すときは、「誘い飯掲示板」を使うのがおすすめ。これは気軽に食事デートを楽しめる相手を探せるサービスで、デートを楽しむ関係からママ活に発展できます。

また、条件に当てはまる会員を検索する機能も搭載されており、年齢や住んでいる都道府県などを指定して相手を探すことが可能。
仕事や職業を指定して検索すれば、高収入のママ候補との出会いも夢ではありません。

4.イククル

イククル
サービス名イククル
運営元プロスゲイト株式会社
運営開始2000年
インターネット異性紹介事業受理番号:63080004000
会員数1500万人
イククル基本情報

イククルは、会員数1,500万人以上、運営20年以上と規模の大きい老舗の出会い系サイトです。

アクティブ率も高く、イククルを通じてマッチングしている男女が多いのも特徴です。登録者が多いためたくさんの女性とメッセージのやりとりができ、出会いの第一歩を踏み出しやすいというメリットもあります。

イククルでママを探すときは、掲示板機能がおすすめ。イククルではさまざまなジャンルの掲示板が設けられていますが、特におすすめなのは「まずは食事から」です。

食事デートをする関係からママ活に発展することが多いので、「まずは食事から」の掲示板でママ候補を探してみましょう。登録している女性の年齢層は10〜30代が中心で、40代以上は少なくなってしまうため、30代後半の女性を狙うのがおすすめです。

ハッピーメールやワクワクメールなど、他の人気出会い系サイトと併用しながら利用すれば、年上女性との出会いを広げられますよ。

5.デジカフェ

デジカフェ
サービス名デジカフェ
運営元株式会社NORG
運営開始2001年
インターネット異性紹介事業受理番号:30090216006
会員数10万人以上
デジカフェの基本情報

デジカフェも、ワクワクメールやハッピーメールとの併用におすすめの出会い系サイトです。

デジカフェはユーザーの年齢層が20〜40代と幅広く利用されており、男女比が5:5と均等なのが特徴です。出会い系サイトは男女比が8:2もしくは7:3のものが大半なので、かなり珍しいサイトだといえるでしょう。

また、「デジログ」という無料の日記機能が充実しているのもデジカフェの特徴です。日記を見れば相手の趣味や性格、人となりを詳しく知ることができますし、日記を通して異性にアピールもできます。

共通の趣味や目的の女性となら、メッセージのやりとりが弾んでデートに繋がりやすいでしょう。

さらにデジカフェには、「ウラデジ」という大人の出会いを探せるサイトに切り替えが可能。より効率的にアダルトな関係を探したい男女にはデジカフェはおすすめです。

ママ活専用アプリ・サイト3選

次に、ママ活専用のアプリを3つ紹介します。

正直なところ、専用アプリにはあまり会員数が多いアプリはありません。そのため、出会い系アプリと併用して「いい出会いがあればラッキー」という使い方がいいでしょう。

  1. SILK(シルク)
  2. DESIRE(デザイア)
  3. ママリッチ

1. SILK(シルク)

SILK
サービス名SILK
運営元SPIKE株式会社
運営開始2018年11月
インターネット異性紹介業受理番号: 3020-0035-000
会員数100万人

ママ活をするなら、ママ活専用アプリの「SILK」も選択肢に入れていいでしょう。

「大人の女性と理想の出会いが叶う」と謳われており、年上女性と年下男性の出会いの場として選ばれています。

女性ユーザーの年齢層が20〜50代と幅広いため、「年が離れた女性と近づきたい」「年齢が近いママを見つけたい」といったニーズにも対応できます。

SILKは「婚活目的」「恋活限定」のように目的が決められていないため、さまざまな目的の出会いを探している人が集まっているのも特徴です。

基本的には無料で利用できますが、無料会員のままだと絞り込み機能やメッセージの送信などが行えません。
SILKを使って本格的にママ候補を探したいのなら、有料会員になることをおすすめします。

2. DESIRE(デザイア)

DESIRE
サービス名DESIRE
運営元株式会社侍
運営開始2021年7月
インターネット異性紹介業届け出番号:6221-0015-000
会員数非公表

DESIRE(デザイア)は、2021年にリリースされた比較的新しいママ活専用アプリです。
事業届出や運営会社が公開されていることや、男女ともに身分証明証の登録が必須であることから、安心してママ候補を探せます。

DESIREの最大の特徴が「スペシャルオーダー」という機能です。
スペシャルオーダーでは、「5000円で食事をしてくれませんか?」「1万円で買い物に付き合ってほしいです」など、女性から「出会いの目的」と「 金額」が届きます。
届いたスペシャルオーダーの中から気になるものを選ぶだけで、効率よくママ活相手を探せますよ。

DESIREは無料で登録できますが、マッチングに必須のメッセージ交換は有料会員にならないとできません。DESIREで出会いを探したいのなら、有料プランへの課金を検討しましょう。

3. ママリッチ

ママリッチ
サービス名ママリッチ
運営元株式会社ウェブサービス
運営開始2021年8月
インターネット異性紹介業届け出番号:54100003010
会員数非公表

ママリッチも、ママ活に特化したアプリです。ママ活希望のユーザーが大勢集まっているためマッチング率が高く、富裕層の年上女性も数多く登録しています。

ママリッチには、女性から男性に友達募集や質問などができる「質問箱機能」というシステムがあります。
質問に返事をすることで内面アピールにもなりますし、マッチングのきっかけになることもあるため、ママ活をする上で心強い味方になってくれるでしょう。

ママリッチでは、男性ユーザーは「女性とマッチングしたら有料」という料金システムが採用されています。
月額9800円と少々料金は高めですが、その分富裕層の女性と出会える確率が高いため、「コストをかけてリッチなママと出会いたい!」という方はぜひ利用してみてください。

ママ活を始める際の注意点

ママ活には誰でもチャレンジできますが、やり方を間違えてしまうとトラブルに巻き込まれてしまう恐れがあります。
ここからは、ママ活を始めようと考えている方に向けて注意点を解説していきます。

  1. 詐欺や業者に注意
  2. 危険なママ活アプリに注意

1.詐欺や業者に注意

ママ活をする上で特に注意したいのが、詐欺や業者です。

例えば、デート前に「契約保証金」としてお金を請求されたり、怪しいサイトに誘導されて個人情報を抜かれてしまったりするケースがあります。
他にも、女性と二人きりになったときに他の男性が現れ、「俺の彼女に手を出した」と言われてお金を要求される「美人局詐欺」の被害も起きています。

女性があまりにも都合のいい話を持ちかけてくる場合は、こういった業者や詐欺の可能性が高いので十分注意しましょう。

2.危険なママ活アプリに注意

さまざまなママ活サイトやアプリが展開されていますが、中には危険なサービスもあります。
個人で開発しているようなママ活アプリは、セキュリティ面が不完全である可能性が高いため、利用しないよう気をつけましょう。

登録者の本人確認が行われていたり、管理体制がしっかりしていたりと、安全面に配慮されているサイトやアプリを使うようにしてください。

理想のママ活相手の探し方のコツ3選

最後に、ママ活アプリを使って理想のママを探す方法をご紹介します。

  1. 複数アプリでママ活相手を探す
  2. まずはお茶や電話でコンタクト
  3. 5~15歳年上が狙い目

1.複数アプリでママ活相手を探す

出会い系サイトやアプリを使っている女性の中には、ママ活ではなく、恋愛や婚活を目的としている人も多く登録しています。

そのため、男性がママ活相手を探すことは、女性がパパ活相手を探すよりも難易度が高いとされています。

理想の相手を見つけるには、複数のサービスを併用して出会いの母数を増やすことが重要です。

一つのアプリのみを使い続けるのではなく、複数のアプリやサイトを使って相手を探すことで、効率よくママ活を行えるでしょう。

2.まずはお茶や電話でコンタクト

理想のママ候補が見つかったら、まずはお茶に誘ったり電話をしたりしてコンタクトを取りましょう。

最初の第一印象はあなたの評価を決める大切なポイントなので、相手に不信感を抱かれないようによく考えてからメッセージを送るようにしてください。

出会い系サイトやアプリに登録している人の中には、お金を支払う前提で男性との出会いを探している女性はほとんどいません。
そのためいきなり直接会おうとしたり、すぐにお金の話を持ちかけたりすると、女性に引かれてしまう恐れがあります。

最初はお金のことには触れず、お茶や電話などを通じて距離を縮めましょう。女性との関係が深まってきたら、それとなくお金に困っていることをアピールしたり、目標や夢のためにお金が必要だと伝えたりして、お小遣いをもらう流れを作るのがおすすめです。

3.5~15歳年上が狙い目

ママ活を成功させるには、5〜15歳年上の女性を狙うのがおすすめです。

あまりにも女性との年齢が離れていると警戒心を抱いて引いてしまう女性が多いため、自分よりも少し年上の女性にアプローチするとうまくマッチングしやすいでしょう。

また、年上の女性が好きなことや、これまでに年上女性と交際した経験があることをプロフィールに記載しておくと、女性からの信頼を得られやすいですよ。